自分にはまだ早い?

エイジングケアという単語はよく聞いていましたが、自分にはまだ早いと思っていました。ですが、若いうちから正しいケアをするべきと考え、エイジングケア化粧品に興味を持ちました。そこで、真っ先に気になったのが、ヒト幹細胞培養美容液ディアガイアです。ヒト幹細胞培養液…聞いたことはありますが、何やら専門的…その専門用語に惹き付けられました。その言葉だけで効きそう、と単純な私は思ったのです。実際に使用してみると、翌日の朝からとてもスッキリとした肌になったような気がしました。よく透明感というような喩えを使うことがありますが、ディアガイアは「スッキリ感」です。今までと使った美容液とは全く違い、まるで肌が生き返ったような感覚でした。また継続して使用していきたいと思います。

「アンチエイジング」という単語よりも「エイジングケア」という単語の方がしっくりきます。まず、ディアガイアのサイトですが、既にトップページから高級感が溢れていました。そこには細かく商品詳細が記載されており、読めば読むほど使用したくなります。通常のエイジングケアは「アンチエイジング」とうたっているものが多く、どちらかと言うと「今の肌をひたすら保湿」という感じでした。ところがディアガイアは、肌の再生機能を高める「再生美容」とのこと。肌本来の輝きが戻ってきたような気もします。また、私は敏感肌なのですが安心して使用することが出来たのでその点もよかったと思います。肌本来の力を取り戻して、誤魔化しではない輝きを出して聞きたいと思いました。