私が二重になるためにしてきたこと

私は、元々瞼の脂肪が厚い一重で小さい頃から自分の目が嫌いで仕方がありませんでした。
目がぱっちり二重の友達を見るたびに「目がお人形さんみたいで羨ましいなあ。」と内心憧れていたものです。

小学校高学年あたりからその思いは更に強くなっていき「小さな目を少しでも大きくしたい!」と二重になる方法を色々試すようになりました。
寝る前に、少しでも瞼のムクミが改善するように氷でアイシングをしたり、100円均一や化粧品コーナーでアイテープや二重のりを購入してきて二重にしたり、暇さえあればヘアピンで瞼に二重の線をつくってしばらく固定させクセづけようと頑張ってみたりと、今思えば二重に対してかなり熱い情熱を注いでいたと思います。

そんな生活を数年続け、片方の目は完璧な二重になったのですが、もう片方は日によって一重に戻ったり、二重になったりとばらつきがありどうしたものか悩んでいました。

そこで私が新たに始めたのは眼筋エクササイズです。 正直どんな二重アイテムよりも、このエクササイズが一番効果があったように思います。
一体どのようなものかというと、目の周りにある瞼を開いたり閉じたりする筋肉に負荷をかけて血行の促進とたるみなどを軽減するという体操を毎日10分から15分行うといった方法です。
即効性はありませんが、1か月ほど続けているとアンバランスだった目が両方キレイな二重になることが多くなってきました。
そして、このエクササイズとアイテープの組み合わせで今ではきれいな二重をキープしています。

一重に戻るということはほぼありません。
目が大きくなるとアイメイクも楽しいし、少しだけ自分に自信ももてるようになりました。

長い間努力してきて、時には辞めてしまおうかと思ったこともありましたが、今となってはこれらの努力を続けて本当に良かったと心から思っています。